新しい美容室

美容室は今や、都心部だけでなく郊外にも数多くの店舗があります。この数多くあるサロンの中で生き残るためには、他店と差別化を図った新しい経営術を模索していく必要があるといえるでしょう。その経営術は一過性のものではなく、継続的できるものであるほど経営を軌道に乗せることが可能です。

たとえばリピーターの心をキャッチするためには、来店回数に応じて提供しているサービスの割引や粗品のプレゼントをするというのも一つの手です。これは人間の心理を巧みに操った集客術であり、通うほど得になることが待ち受けている場所に人は興味を示します。また季節に応じた店内装飾を施したり、イベントを開催するのも効果的です。普段とは違っている空間が広がっていることで、次はどんな楽しみが待ち受けているのかと胸を躍らせて自然と固定客となっていくことでしょう。

これらは経営術であると同時に、サービスの一環ととらえられます。髪の毛をカットしてもらうということはリラックスをしに行く場所でもあり、居心地のいいい店舗ほど来店客は数多く集うものです。視覚的にも心理的のも心が満たされて気持ちよくなれるサービスを提供していれば、他店と大きな差別化が図れているといえます。

ヘアカットする美容師

サロンの開業にあたって

まずはこちらの記事をお読みください

カラー剤がついてしまったら…?よくあるクレームとその対応法

美容室でよくあるクレームは「髪型が気に入らない」と「カラー剤が服についたから弁償しろ」です。「髪型が気に入らない」というクレームは代表的で、カットした髪のボリュームやカラーの仕上がり、パーマのかかり方などカット後によく起こります。特に「イメージ通りの仕上がりにならなか…

スタイリングに大きく影響するドライヤーは美容師の大事なツール

良い道具は技術者にとってなくてはならないものです。弘法筆を選ばずとは言いますが、良いツールがないといい仕事ができません。シーザーやコームにこだわらない美容師がいるでしょうか。それらと同じくらい大切なツールの一つはドライヤーです。 ドライヤーなんて乾かせばいい、熱と風が…

Scroll to Top